中古ドメインだと被リンクが集まりやすい?

中古ドメインとルータ設定画面とツイログについて

中古ドメインを利用する際にはいろいろなリスクも付いて回るものです。中古ドメインを利用することで効果的なSEOを獲得できる反面、魅力的な文字列が多いことからスパムリンクなどの嫌がらせを受けたり、悪質メールなどの攻撃を受けてしまうといったことも考えられるからです。これらの攻撃を放置しておくとサーバー自身のアクセス性を損ねたり、検索エンジンにペナルティを付けられてしまい、せっかくの中古ドメインがSEO上大きなデメリットになってしまうリスクが有ります。しかし、悪質なスパムリンク等はインターネット上は正当なリンク行為とみなされてしまうため、サーバーではなかなか防ぐことは難しいものです。その為、ルータを利用してソースアドレスをブロックしたり、プロトコルをブロックする方法が良く行われます。
但し、スパムリンクなどはそのリンクが起こった際に検出して初めて分かるという傾向が有るため、ルータのログなどを検索しそのルータの設定を都度変更することが重要になります。一般的にはルータの設定はコンフィグと呼ばれるテキストをルータに記録する方形で行われるので、その設定状態をGUI等で確認することはできません。そこで、ルータ設定画面を記録することが重要になります。
ルータ設定画面を記録する際に便利な方法が有ります。それはツイログを使用することです。ツイログはtwitterの内容をブログの形で記録できるもので、後で閲覧する際にまとめてみることができるため設定内容を確認する際に非常に見やすいというメリットがあります。ブログ形式のため時系列で記録されるので後で確認する際にも設定した時間を追って確認できるため、現時点での設定内容がどのようになっているのかを一目で確認できるというメリットも有ります。