中古ドメインだと被リンクが集まりやすい?

中古ドメインで高い価値のある場所とフッターについて

中古ドメインはさまざまな価値基準がありますが、その一つにフッターがあります。フッターはウェブサイトでは多くの設定があり、企業名などを記載している場合が多いのですが、そこにはキーワードの塊でもあり、検索サイトでチェックされやすいと考えられています。特に検索サイトで作られるインデックスに利用されることも多いことから中古ドメインをチェックする際のPOINTになっている場合があります。中古ドメインはインデックスが多い場合は高い評価とともに価格も高くなるケースが多くなっています。そのため、売買サイトでもインデックスの数を強調する場合もあります。ただし、単にインデックスの数だけで選ぶのは注意が必要です。サテライトサイトの場合はインデックスにコンテンツを合わせやすいので利用しやすいですが、メインサイトではインデックスのキーワードに必ずしも合わせにくいケースが多々あります。しかも、すでにコンテンツを用意している場合はインデックスがほぼ使えないケースもあるからです。その場合はパスを合わせるにしても書き換え前提で利用することになり、最悪はインデックスを削除されてもやむを得ないと考える場合もあるようです。ただし、インデックスが使えなくてもバックリンクが多い中古ドメインならPVを増やす意味で十分価値があります。Backlinkについてはチェッカーがあるので数と質がすぐに調べられます。特に重要なのが質です。リンクを作ってくれた方が多くの友人をもっていたり、フォロワーが多い方なら発言力が高いのでリンクの質も大変高くなります。また、インデックスに比べてリンク元とコンテンツを合わせることがそれほど難しくないので対応しやすいという理由もあります。