中古ドメインだと被リンクが集まりやすい?

中古ドメインでチェッカーを利用して横取りを防ぐ

中古ドメインは多数のドメインがありますが、評価はさまざまであり、急いでチェックしないと横取りされてしまうことが多いです。特に価格が想定よりも安く設定されているドメインも多数あることからチェッカーの利用は必須ともなっています。中古ドメインの販売方法は早い者勝ちということが多くなっています。オークション形式もまだまだ多いですが、販売数が増えていることから一般売りするドメインが多くなっています。ドメインのチェックの仕方はインデックスの他にバックリンクのチェックが重要ですが、バックリンクについてはいくつか種類があり、チェッカーの機能が重要になっています。Backlinkの種類は大きく分けて3つあります。1つはブログ、2つめはSNS、3つめはディレクトリサービスです。どのリンクも重要なのですが、特に注目されてきているのがSNSとディレクトリサービスです。SNSについては拡散力のあるフォロワーが多いアカウントからのリンクが重要となっており、場合によっては拡散数よりも重視する方も多くなっています。SNSのリンクは掘り起こされるケースも多く、何度もPVが得られると期待されているほか、拡散力がとても高いのでサイトの価値の向上に強い影響があります。ディレクトリサービスの場合はSNSでのリンクに比べると拡散力は低いのですが、検索サイト側の評価に強く影響していると考えられています。ディレクトリサービスは手作業で登録しなくてはならず、また、PVのやり取りが必要になるので上位表示はとても難しいです。しかし、中古ドメインの中には古くから登録して上位表示してるケースも多々有り、価格が高く設定されるケースも増えています。