中古ドメインだと被リンクが集まりやすい?

デスクトップPCと中古ドメインで経営の範囲を拡大

ここ数年で現代のビジネスを取り巻く環境は劇的に変化しました。
今までのようなビジネススタイルが通用しなくなり、経営者の方々は今日の環境への適応が求められています。
様々な環境変化が認められる昨今の状況ですが、何よりも大きな変化の要因は、インターネットの発達でしょう。
ネット文化が急速に発展した結果、既存のマーケティングとセールスが通用しなくなりました。

小規模な個人経営の店舗でも、地元の数件の同業他社を相手にするだけで済んでいたため、特別な投資をしなくても、経営は順風満帆でした。また地元に数件しかないレベルだと、お互いに異なる客層を特化する事で、同業同士ながらも共存共栄する事が可能でした。
しかし、インターネットの発達によって、地元の常連客がより安価な別地方の業者に鞍替えする事態が多発しています。これからは地方の個人経営の小規模店舗とはいえ、デスクトップPCを買い揃え、ネットショッピングに活路を見出す必要が出てきました。
また地元の顧客や卸業者を相手にしていれば、需要は少子高齢化社会の悪影響で先細りします。一方でデスクトップPCを店舗を置き、ECサイトを構築すれば、実店舗の在り処に関わらず、自分のサービスや製品を広く全国、更には世界に向けて届けられます。

そして、ECサイトを作るためには、ドメインの取得が必須です。
大企業のHPのように専用のスペースが要りますが、個人経営の店舗の場合、大規模な初期投資は出来ないのが実情です。
そんな時はとりあえず中古ドメインを活用しましょう。
中古ドメインならECサイトを格安な形で構築出来ますし、既に取得されていたものなので、短期間で利用が始められます。
適当な中古ドメインを探し、自分のビジネスと合いそうなフレーズのドメインに決めれば、いよいよECサイト完成に一歩近づき、更にはグローバルなマーケティングが始められます。